2020年2月11日火曜日

【デジタルタトゥー】 我が子の写真をSNSに投稿する方へ  

「こんなこと、してませんか?」




こんにちは、松井です。




今日は、最近気になる、
いや、
ずっと前から気になっていたことについて書こうと思います。




今の時代にSNSは私たちの生活に、
欠かせないものになっていますね。

私は、お仕事で使うことが多いFacebookは、
投稿するし、投稿されたものを見ます。


仕事で使っている以上、
ご自分のお顔を公開している人も多く、
かくゆう私も、自分の顔写真を載せています。


この時代、生活するうえでSNSが必要不可欠なことは
私自身も理解していますし、
仕事をする上でも、なくてはならない存在です。



ただ、
どうしても気になってしまうのは、

我が子の写真を公表
することです。


例えば、


「こんなかわいい笑顔が見れました!」


とか


「こんなことができるようになりました!」

とか。

こういうのは、その子のプラスを伝えるし、
そのプラスを他人と共有することで、
見た人も、ほっこりできますよね。




一方、
「なぜか、大泣き(´;ω;`)ウッ…」
とか、

「転んで泣いちゃった顔も可愛い💛」

とか。

これって、親の自己満足とは違いますか?

子ども自身はこの写真をみて、どう思うんでしょう・・・・




恐ろしい
と思うのは、こんな写真を見た時。


「あたちの入浴姿、かわいい?」

将来、この子が
「この写真を公共の目にさらした」と言って、
親を「名誉棄損」「セクハラ」で訴えることができる、
ということを知っていますか?



たしかに、
親にとっては「可愛い我が子の写真をみんなに見てほしい」


でも、世間にとっては、
「よくある可愛い画像=特別なものではない」場合が多いですよね。




なによりも残念なことは、

子どもが自分で決定権を持っていないからと言って、
なんでも「可愛い我が子」で片づけられるような、
そんな、簡単な世の中でないことは、
親御さん自身もご存知のはず。


そして、
そういった「かわいい写真」を利用して、
どこからか、社会の魔の手が我が子に近づいてくる可能性が、
絶対ないといいきれますか?




デジタルタトゥー

「一旦インターネット上で公開された書き込みや個人情報などが、
一度拡散してしまうと、
完全に削除するのが不可能であることを、
『入れ墨(タトゥー)を完全に消すことが不可能』
であることに例えた比喩表現。」
(ウィキペディアより)



冒頭の写真は「デジタルタトゥー 子ども」で画像検索した時に、
最も衝撃的だった写真です。

もちろん、加工してある画像だと思いますが、

子供の将来を考えないで
我が子の画像をSNSに投稿している親
は、こういうことをしているのと同じだと思っています。


「我が子のかわいい写真を見てほしい」

幸せのおすそ分けは
不特定多数の人が使わない、リアルな場面でしてほしい。



あなたの子どもは、
あなたの所有物ではないはずです。





それではまた次回。

See you next time!







「英語学習を通じて、子どもの人間力を高めたい」

そう思う親御さんを、本気でサポートしています。





未就園児の親子さんは、英語おけいこサークル・アイキャン




年少以上の方は、英語教室・アイキャン

2020年2月10日月曜日

【0歳からの英語おけいこサークル・アイキャン】 ママの愛をお子さんに注ぐには? シャンパンタワーの法則

「あぁ、結婚式が懐かしぃ・・・」
いや、そういう話じゃなくて!

3

こんにちは♪松井です。

昨日は、研修会で大阪に行きました。
実りたっぷりの時間は、本当にあっという間に過ぎて、
3時間の研修内容だったんですが、
ふと時間を見たら、
えーーーーーー!あと30分!!!!
びっくりです。


自分の新たな可能性を見出してくれた先生から、
とってもステキな言葉を教えていただきました。

今日はそれについて書きます。


先ほどの映像はシャンパンタワーです。

これをご覧いただいてる方も、
ご自身の、またはお友達の結婚式で
ご覧になったことがあるかな?


私が最近見たシャンパンタワーは・・・・・

高3生の息子は、昨年の夏まで野球一筋のスポーツ青年💜
最後の試合が終わってから1ヶ月ちょっと経ったときに、
高校野球でしたから、保護者総会というものが8月にありました。
その時に、
「一年間ご苦労なさった保護者の労をねぎらう」
という意味で、
このシャンパンタワーを提供してくださいました。

毎年見る光景だったので、
その時も、
「は~い、シャンパンタワーね!」と軽く考えていたのですが。。。。


前置きが長くなってごめんなさい。
この「シャンパンタワー」
愛の象徴だったことを、昨日知りました。

愛のシャンパンタワー

「シャンパンタワーを上手に注ぐ方法、知ってる?
1段目がいっぱいにならないと、2段目、3段目って注がれないでしょ。
この1段目って何のことか、わかる?

そう、あなたのことですよ!
あなたの心(=1段目のグラス)が愛(=シャンパン)で満たされると、
その愛は、あなたのお子さんやご主人、家族に注がれて、
そして、お友達や周りの人にも、愛を与えることができるでしょ。

だから
1段目にたっぷり注ぐことが、とても大切。」


ほぉ~~~~~~~!

確かに。

で、このシャンパンタワーのことを調べてみると、
シャンパンタワーの法則
っていうのがあったんですねぇ。



けして、わがままの意味ではなく、
家庭って、
ママ(1段目のグラス)が愛で満たされるから、
その愛を子どもに目いっぱい注ぐことができる。

だから、
ママがハッピーになる努力をすることが、
子育てには、すごく大切なんですよね。

「誰かが私を幸せにしてくれる」のを待っていたら、
お子さんはどんどん大きくなっていって、
愛を注ぐ時間がずれてしまう、
または、
注がれることがないまま、成長してしまう。

これ、虐待の一種ですよね。
愛情の欠如。


だから、ママ達には、
このシャンパンタワーにシャンパンを注いでくれる人を探したり、

なんなら、自分で注いじゃう?



3歳までの限られた時間に、
お子さんにたくさんの愛を注いでほしい。

私は、微力ながら、
【英語おけいこサークル・アイキャン】の活動を通して、

ママがハッピーになる時間を提供したいと思いました。



愛のシャンパンタワー

素敵な言葉を教えてくれた先生に、
感謝のキッス💋
じゃない、チョコレート💜



それではまた次回。

See you next time!







「英語学習を通じて、子どもの人間力を高めたい」

そう思う親御さんを、本気でサポートしています。





未就園児の親子さんは、英語おけいこサークル・アイキャン




年少以上の方は、英語教室・アイキャン